・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

篠田 守男 「Tension, Compression and Gravity

2014年1月11日(土) - 1月25日(土)
1月11日(土)16:00〜オープニングパーティー[作家在廊]を開催いたしました。

ギャラリーヤマキファインアートではこのたび、篠田守男の個展を開催いたします 。

篠田守男 ( 1931- 、東京生まれ)は、バックミンスター・フラーの構造理論に大きな影響を受け、 1950 年代後半から「テンション」と「コンプレッション」を主題に据えた立体作品の制作を開始しました。ワイヤーの「張力」と金属塊の「圧縮」で金属塊を空中に浮かせる立体作品は、発表当時から多くの注目を集め、今日まで現代彫刻の最前線を牽引してきました。篠田の作品は、これまでの芸術の枠を超越しながら、空間の中で物体が示すぎりぎりの緊張関係と量塊がもつ圧縮性に形を与え、さらにそれをダイナミックな空間表現へと転化し、制御していることにその新しさと面白さがあります。

本展では、篠田のライフワークである「テンション&コンプレッション」シリーズの新作を中心にご紹介いたします。是非この機会にご高覧くださいませ。


【展覧会情報】
西脇市岡之上美術館にて「重力の恩寵 篠田守男展」が開催中です。
( 2014 年 2 月 16 日(日)まで) こちらも是非あわせてご覧下さいませ。
(詳細につきましては美術館 HP をご確認ください。)


【作家略歴】

1931 年 東京に生まれる
1956 年 第 6 回モダンアート展 新人賞受賞(東京都美術館他)
1965 年 第 1 回現代日本彫刻展 神奈川県立近代美術館賞受賞(宇部市野外彫刻美術館)
1966 年 第 9 回高村光太郎賞 造形部門賞受賞(高村光太郎記念会)
 第 33 回ヴェネチア・ビエンナーレに参加(ヴェネチア、イタリア)
1967 年 国際彫刻展(グッゲンハイム美術館、ニューヨーク、アメリカ)
1968 年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授[‐ 1970 年]
1972 年 個展(南天子画廊、東京)[他に 73, 76, 78, 82 年開催]
1975 年 第2回彫刻の森美術館大賞展 大賞受賞(箱根彫刻の森美術館、神奈川)      
 個展(アルフレッド・シュメラー画廊、デュッセルドルフ、ドイツ)[他に 79 年開催]
1979 年 筑波大学芸術学系教授[‐ 1994 年]
1991 年 個展( M ギャラリー、東京)     
 個展(桜画廊、名古屋、愛知)
1992 年 第 4 回朝倉文夫賞受賞(東京都台東区芸術・歴史協会)
1994 年 長崎大学大学院専任教授[‐ 1996 年]
1995 年 個展(入善町下山芸術の森発電所美術館、富山)
2000 年 アメリカ国際彫刻センター( ISC )優秀彫刻教育者賞をアジア初受賞
2003 年 金沢美術工芸大学大学院専任教授[‐ 2009 年]
2012 年 個展(パンタグラフ、横浜、神奈川)
2013 年 「重力の恩寵 篠田守男展」(西脇市岡之上美術館、兵庫)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会期:
2014 年 1月 11日(土) − 1月 25日(土) 休廊日:日・月曜日
開廊時間:
11:00−13:00 / 14:00−19:00 [最終日は17時まで]
所在地:
ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せ:
TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセス:
JR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金:
無料

MAP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・