・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐 々 木 昌 夫  展 

2016年 4月30日(土)−5月28日(土

《アンチノミーの灰 W》  2012  紙(新聞・本・雑誌 等)、(火) 110×164×H44cm  撮影:森下忠夫
  ギャラリーヤマキファインアートは、4月30日(土)から5月28日(土)まで佐々木昌夫展を開催いたします。佐々木は京都府出身の彫刻家で、現在は愛媛大学教育学部の准教授を務めながら制作を行っています。ギャラリーヤマキファインアートでは初の個展を開催、彫刻作品と平面作品をご紹介いたします。  
 佐々木昌夫は、1964年に京都に生まれ、1983年に滋賀大学教育学部に入学、当時教授であった彫刻家である村岡三郎(1928−2013)に出会います。村岡を師に学び、主に関西を拠点に活動してきた佐々木は、哲学的な観点を軸に、絵画から彫刻まで様々な形での表現を追求しています。今回は、新聞、雑誌、本などの印刷物の集積を火によって灰にした作品や、印刷物から切り取った断片を布へ無数に貼付けて焼いた平面作品などを展示いたします。佐々木は、自分の仕事を通して、共同体に属する意味の媒体としての「印刷物」を物質に戻し、そこに「他性」を垣間見ようとしていると語ります。作家の哲学的な思考を鑑みながら、長年の活動の一端を是非この機会にご高覧ください。


【作家略歴】
1987年 滋賀大学教育学部卒業、現在愛媛大学教育学部 美術教育講座 准教授

主な個展
2016年 佐々木昌夫 ギャラリーヤマキファインアート、神戸
2016年 がらんどうW、ギャラリー16、京都
2015年 佐々木昌夫 断片帝国W、秋山画廊、東京
2008年 TABULA RASA、CASO 海岸通ギャラリー、大阪
2000年 秋山画廊、東京
1990年 ギャラリー16、京都
1989年 信濃橋画廊、大阪

主なグループ展
2012年 大分アジア彫刻展〈優秀賞〉、朝倉文夫記念文化ホール、大分 
2011年 韓紙+和紙 韓・日現代美術展、Schema Art Museum、韓国
2011年 In Between-International Paper Art / The Wilfrid Israel Museum、イスラエル
2009年 あさご芸術の森大賞展〈大賞〉、あさご芸術の森美術館、兵庫
2007年 とよた美術展〈優秀賞〉、豊田市美術館、愛知
2006年 gallerism2006、大阪府立現代美術センター、大阪
2004年 とよた美術展〈審査員賞〉、豊田市美術館、愛知 
    大分アジア彫刻展〈優秀賞〉、朝倉文夫記念文化ホール、大分
2001年 公募「京を創る」、仁和寺、京都 
1993年 国際丹南アートフェスティバル《武生》'93〜'15
    〈'94ヒットユニオン賞、'96優秀賞 '97土岡秀太郎賞、'00優秀賞〉、福井
1985年 京都アンデパンダン展、京都市美術館、京都

《アンチノミーの灰X》  2013   紙(新聞・本・雑誌 等)、(火)
41×55×H49cm  撮影:森下忠夫
《はみ出す火》  2008   紙(印刷物)、(火)
55×41×D15cm  撮影:森下忠夫
《シーシュポスの矩形U》 2011 紙(新聞・本・雑誌 等)、布、(火)  120×270 cm  
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会期:
2016年 4月 30日(土) − 5月 28日(土) 休廊日:日・月曜日
開廊時間:
11:00−13:00 / 14:00−19:00 [最終日は17時まで]
所在地:
ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せ:
TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセス:
JR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金:
無料

MAP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・