・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

芝高 康造 “Carnival (はんが+++)”

2011年 4月 23日 (土) - 5月 21日 (土)

[オープニングレセプション:4 月 23 日 17 : 00 〜 19 : 00 ※作家在廊 



海石榴 2004 34×45cm monotype,aquatint





芝高康浩(しばたかこうぞう /b. 1948 年)は、 1982 年の「アートナウ '82 」 ( 兵庫県立美術館 ) を皮切りに
国内外で活躍する銅版画家。熟練した技法から生み出される線は「無垢な線」ともよばれるほど、余分なものは
一切取り除かれた独特の緊張感と無限のリズム感をはらむものです。近年は従来の版画の制作過程から外れた
方法を試みる実験的な作品や、ブックアートと呼ばれる本をテーマに制作した作品、インスタレーションなどに
積極的に取り組んでいます。本展では、初期の作品から、 ボッティチェリ《ヴィーナス誕生》のラインを引用し、
制作した 最新作を展示室いっぱいにインスタレーションします。まるで、訪れる人々を“カーニバル”へと誘うような、
芝高の版画表現の世界をご堪能ください。

 

 

VII IX    VII
     
                       


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎作家略歴

芝高康造| 1948 年大阪市生まれ。

1968 年 武蔵野美術短期大学卒業

2006 エスパス 446 、大阪  シェ・ドゥーヴル、大阪

2007 GALLERY いろはに、大阪  ギャラリーマイ、東京

2008  信濃橋画廊、大阪  ギャラリーいろはに、大阪

2009  信濃橋画廊、大阪

2010  2 KW 58、大阪


グループ展(抜粋)
1982  「アート・ナウ '82 」、兵庫県立近代美術館、神戸
1985  「第 3 回大阪現代アートフェアー」、大阪府立現代美術センター
1987  「第 17 回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ」、ユーゴスラビア
1988  「第 12 回クラクフ国際版画ビエンナーレ」、ポーランド
1991  「クラクフ国際版画トリエンナーレ '91 」、ポーランド
1992 Perspective from Japan: Nine Printmakers 、 Extension Gallery 、トロント、カナダ
     「いま絵画は -OSAKA'92 」、大阪府立現代美術センター
1997 10 From Osaka Art 、 54 Gallery 、ニューヨーク
1998 HANGA-New Direction in Japanese Printing 、 Graphic Studio Gallery 、ダブリン、 アイルランド
2002 HANGA-Further Directions Contemporary Japanese Prints ダブリン、アイルランド
Japanese Contemporary Art Exhibition 、土日基金文化センター、アンカラ、トルコ
2004  gallerism 2004 、大阪府立現代美術センター、大阪
2005   Person + Oneself + Word 、 KyongIn Museum 、 Seoul 、 Korea

2008 Book Art 2008 Japan-Korea 、ギャラリーデン、大阪、 Gallery Jinsun 、 Seoul 、 Korea

2008 SEOUL INTERNATIONAL BOOK ART FAIR 、 Seoul 、 Korea

2008, 2009 International Book Art Exhibition in Cheong-Ju 、 Korean Craft Museum 、 Cheonjyu 、 Korea

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・