・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

狗 巻 賢 二  

2015年 9月12日(土)−10月10日(土


    ギャラリーヤマキファインアートは、 9 月 12 日(土)から 10 月 10 日(土)まで、狗巻賢二展を開催いたします 。

  狗巻賢二は 1943 年、大阪府生まれ。現在京都を拠点に活動。 70 年前後に発表された、ガラスを斜めに立てかけたように見える糸による作品や、針金を単純に結んでキューブの連続体を作った作品など、もの派と同時代の重要な動向として高い評価を得ています。 1970 年には「第 10 回日本国際美術展:人間と物質」に出品、 73 年には第 8 回パリ青年ビエンナーレに出品するなど、国内外の重要な展覧会にも多数出品しています。この頃の 基本の構造体を空間の中に配置するという作品制作の方法は、現在の作品にまで継続的に受け継がれています。 70 年代半ばからは、 方眼紙の方形を色鉛筆で塗り分ける作品や、墨壷でグリッドを描いた作品、カンヴァスに白色の油彩絵の具を厚く塗り重ねる《ある種プリミティヴな観念的時空》シリーズ(白い作品シリーズ)など、一貫して単純な行為の繰り返しが結果=表現としてあらわれる作品を制作しています。

  ギャラリーヤマキファインアートでの 2 度目の個展となる本展では、方眼紙を色鉛筆で塗り分けた最新作を中心に、十数点をご紹介いたします。狗巻の現在を、是非この機会にご高覧ください。
 

【作家略歴】
1983 年 大阪府に生まれる
1972 年 京都教育大学特修美術科彫塑中退
         現在、京都府在住
     

【主な展覧会】
2014年 狗巻賢二 「新作展」 ギャラリーヤマキファインアート、神戸
2005 年
「もの派−再考」  国立国際美術館、大阪
1999 年  「個展」 村松画廊、東京
1996 年  「京都の美術 昨日・きょう・明日18 狗巻賢二の仕事」 京都市美術館、京都
「狗巻賢二展−痕跡として形を成す−」 INAXギャラリー2、東京
1987年 「狗巻賢二展 いろどる」 INAXギャラリー大阪、大阪
1979年 「個展」 東京画廊、東京
1975年 「個展」 東京画廊、東京
1973年 「個展」 信濃橋画廊、大阪
「個展」 村松画廊、東京
「第8回パリ青年ビエンナーレ」 パリ市立近代美術館、パリ
1970年 「第10回日本国際美術展 〈人間と物質〉」 東京都美術館、東京
1969年 「個展」 ギャラリー16、京都
「個展」 村松画廊、東京
1968年 「個展」 ギャラリー16、京都

【展示風景】






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会期:
2015 年 9月 12日(土) − 10月 10日(土) 休廊日:日・月曜日
開廊時間:
11:00−13:00 / 14:00−19:00 [最終日は17時まで]
所在地:
ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せ:
TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセス:
JR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金:
無料

MAP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・