・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河口 龍夫  Tatsuo KAWAGUCHI



   

左: 《石と光》 1971 (1989) 石, 蛍光灯 237x50×36cm
右: 《作品64 -12 無機的発生》 1964 カンヴァスに水彩 116.5 × 91.5cm

 

【略歴】

1962 多摩美術大学絵画科卒業
1965 グループ<位>結成
1974 第一回井植文化賞 ( 文化芸術部門 ) 受賞
1975-1976 文化庁芸術家在外研修員として欧米に滞在
1983 筑波大学芸術系助教授
1991 筑波大学芸術系教授
1992 『河口龍夫作品集』 ( 発行:現代企画室 ) 刊行
2003 筑波大学芸術系名誉教授
2003 京都造形芸術大学客員教授
2003 倉敷芸術科学大学教授
2008 『河口龍夫−見えないものと見えるもの−』 ( 発行:現代企画室 ) 刊行
2008 第15回日本現代藝術振興賞受賞

 

【展覧会】

個展

2012 「光あれ!河口龍夫  3.11 以後の世界から」いわき市立美術館/福島
2011 「河口龍夫  Nove m ber2011 」横田茂ギャラリー/東京
2010 「河口龍夫 螺旋の時」 加計美術館/岡山
2009 「河口龍夫展 言葉・時間・生命」 東京国立近代美術館
2008 「無限の立ち位置ー河口龍夫の 1970 年代」宇都宮美術館/栃木
  「河口龍夫 <see saw seen 1973> 」横田茂ギャラリー/東京
  「河口龍夫展ー時の航海入善町下山芸術の森発電所美術館/富山
2007 「河口龍夫ー見えないものと見えるものー」兵庫県立美術館、名古屋市美術館*同時開催
2006 「河口龍夫 地下時間」  MACA GALLERY /東京
2005 「時間の時間 河口龍夫展」 国際芸術センター青森
  「河口龍夫 関係ー本」 横田茂ギャラリー/東京
2004 「河口龍夫ー関係ー時のフロッタージュ」 名古屋市美術館
2003 「河口龍夫 大地と水と植物ヒルサイド・フォーラム/東京
  「日本現代美術 河口龍夫」 釜山市立美術館/韓国
2000 「河口龍夫 関係ー種子・生命」横田茂ギャラリー/東京
1999 「河口龍夫ー関係・京都」 京都市美術館
1998 「河口龍夫ー封印された時間」水戸芸術館現代美術ギャラリー/茨城
  「呼吸する視線 河口龍夫 みえないものとの対話 」いわき市立美術館/福島
1997 「関係ー河口龍夫」 千葉市美術館
1994 「河口龍夫 種子の周囲に」ヒルサイド・ギャラリー/東京
1993 「河口龍夫 関係ー蓮の時・葉緑素」横田茂ギャラリー/東京
1992 「河口龍夫展 関係―鉛の花時計」ヒルサイド・ギャラリー/東京
  アート・フロント・ギャラリー/東京
1991 「河口龍夫展 関係―植物」横田茂ギャラリー/東京
1990 「今日の作家たち展V' 90 」 神奈川県立近代美術館
1989 「河口龍夫展 関係―種子・農園」ヒルサイド・ギャラリー/東京
1987 「河口龍夫展 関係―種子・土・水・空気」雅陶堂ギャラリー竹芝/東京
1986 「今日の作家シリーズ河口龍夫展」大阪府立現代美術センター
1984 「河口龍夫 青」 雅陶堂ギャラリー竹芝*現:横田茂ギャラリー/東京
1983 「河口龍夫展 自然の気配」 伊奈ギャラリー2 /東京
1982 「河口龍夫展 関係―質」 桜画廊/愛知
1981 「河口龍夫展」 アート・フロント・ギャラリー/東京
1975 「河口龍夫展」 南画廊/東京
1971 「河口龍夫個展 172800 秒」  galerie 16 /京都
1968 「河口龍夫 DARK 」 村松画廊/東京
 
グループ展
2011 「今美術の力でー被災地美術館所蔵作品から」東京藝術大学美術館
  「石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行」 府中市美術館/東京
2010 「福島現代美術ビエンナーレ 2010 」 福島文化センター
2009 「眼を閉じて−“見ること”の現在」 茨城県近代美術館
2007 「アートの世界へようこそー美術のおくりもの」富山県立近代美術館 
  「天空の美術」 東京国立近代美術館
2006 「初期ビデオアート再考」名古屋市民ギャラリー矢田/愛知
2005 「東京府美術館の時代 1926 ― 1970 」 東京都現代美術館
2004 「再考:近代日本の絵画ー美意識の形成と展開」東京藝術大学美術館、東京都現代美術館
  「痕跡ー戦後美術における身体と思考」京都国立近代美術館、東京国立近代美術館
  「グループ〈位〉展」 兵庫県立美術館
2003 「闇をめぐる三つの出来事」アートガーデン川崎/神奈川
  「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2003 」 新潟県越後妻有6市町村  
  「現代日本彫刻展 テーマ=響(ひびく)」宇部市野外彫刻美術館/山口《兵庫県立美術館賞受賞》
2002 「大分現代美術展 2002 アート循環系サイト」大分市美術館
  「美術の力ー時代を拓く 7 作家ー」 兵庫県立美術館
  「融点・詩と彫刻による」 うらわ美術館/埼玉
2000 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2000 」 新潟県越後妻有6市町村
1999 「第 7 回富山国際現代美術展[ポーランド・日本]」富山県立近代美術館
1998 「アート/生態系 美術表現の「自然」と「制作」」宇都宮美術館/栃木
1997 「重力ー戦後美術の座標軸」 国立国際美術館/大阪
1995 「戦後文化の軌跡 1945 − 1995 」目黒区立美術館/東京、広島市現代美術館、兵庫県立近代美術館、福岡県立美術館
1994 「時間/美術 20 世紀美術における時間の表現」滋賀県立近代美術館
  「死にいたる美術ーメメント・モリ」 町田市立国際版画美術館/東京、栃木県立美術館
  「戦後日本の前衛美術」 グッゲンハイム美術館、サンフランシスコ近代美術館/アメリカ
1993 「 70 年代日本の前衛 抗争から内なる葛藤へ」世田谷美術館/東京
1992 「都市と現代美術 廃墟としてのわが家」世田谷美術館/東京
1989 「大地の魔術師」 ポンピドゥ・センター パリ国立近代美術館+グランデ・アル・ラ・ビレット/フランス
1988 「現代日本美術の動勢ー絵画 part2 」富山県立近代美術館
1986 「前衛芸術の日本」 ポンピドゥ・センター/フランス
1983 「現代美術の動向U 1960 年代ー多様化への出発 」東京都美術館
1982 「第 5 回インド・トリエンナーレ」 ラリット・カラ・アカデミー/インド
1981 「 1960 年代ー現代美術の転換期」東京国立近代美術館ほか
1976 「第 1 回パン・パシフィック・ビエンナーレ」オークランド市立美術館/ニュージーランド
  「第 2 回シドニー・ビエンナーレ」 ニュー・サウス・ウェールズ美術館/オーストラリア
1975 「第 18 回アントワープ国際彫刻展」ミッデルハイム野外彫刻美術館/ベルギー
1974 「日本 伝統と現代」デュッセルドルフ市立美術館/ドイツ
1973 「第 8 回パリ・ビエンナーレ」パリ市美術館、パリ国立近代美術館
  「第 12 回サンパウロ・ビエンナーレ」サンパウロ美術館/ブラジル
1971 「第 10 回現代日本美術展〈人間と自然〉」東京都美術館ほか
1970 「第 10 回日本国際美術展 1970 人間と物質」〈東京ビエンナーレ〉東京都美術館ほか京都、名古屋、福岡
  「現代美術の一断層」 東京国立近代美術館
1969 「第 9 回現代日本美術展」 東京都美術館ほか
1968 「現代の空間' 68 〈光と環境〉」そごう百貨店/兵庫 《大賞受賞》
  「現代美術の動向」 京都国立近代美術館
1966 「第1回フランス政府留学生選抜毎日美術コンクール展」 京都市美術館 《毎日新聞京都支局長賞受賞》
1965 「グループ〈位〉展」 神戸市国際会館ギャラリー/兵庫
  「アンデパンダン・アート・フェスティバル現代美術の祭典」 岐阜市民センター
1961 「京都アンデパンダン展」 京都市美術館 以降 79 年まで、 66 ・ 72 ・ 74 ・ 76 年を除く