報道関係者各位 

■広報ご協力のお願い

                                       

林 勇気展 the world and fragments of the world

2010年11月6日(土)〜 12月4日(土) 

 

◎開催趣旨 

林 勇気(はやしゆうき / b .1976 年)は 、関西を拠点に活動する映像作家です。日常の風景を素材に、自身で撮

影した膨大な量の写真をパソコンに取り込み、切り抜き、重ね合わせることでアニメーションを制作し、国内外の美術展

や映画祭などにも出品するなど、着実に活躍の場を広げ注目を集めています。林は身の回りの風景やイメージを集積し再

構築して作り出す映像を通して、データがディスクやメモリに保存されるように、記録され蓄積された様々な日常の風景

やイメージの断片のどこかとどこか、いつかといつかを重ね合わせ、現実世界とかすかにつながっているかもしれないも

うひとつの世界の景色を描こうと試みています。そうして立ち上がってきたもうひとつの世界は、一見するとテレビゲー

ムのような儚げな虚構の景色のようであり、その風景の中で次々と現れては消える現実世界の断片は、何の脈略もなくル

ープしているかのように見えますが、空間や時間と対話を繰り返し、見たり、聞いたり、経験した記憶の層であり、重な

り余韻を残しながら繰り返され、再び現実世界と共振しています。

その制作のプロセスと映像イメージは、インターネットやテレビゲームを介しておこなわれる現代的なコミュニケーションの

あり方を想起させるものです。

神戸初個展となる本展では、新作となる3点の映像作品「 the world and fragments of the world 」を中心にご紹介します。

二元的映像世界から次元を変えた試みで、また新たなる展開を見せてくれそうです。

是非、この機会にご高覧いただき、広報にご協力頂ければ幸いです。

■映像のサウンド担当:原 摩利彦 ( はら まりひこ )

1983 年生。京都大学教育学部卒業。2005 年より海外のフェスティバルなどで作品が上演され、

これまでに複数のアルバムを海外のレーベルより発表。舞台作品などにも音楽を提供し、

2008 年からはパフォーミング・アートユニット「 dots 」の音楽を担当。  

 

◎開催概 

タイトル:『林勇気展  the world and fragments of the world 』

会期: 2010 年 11 月 6 日(土)〜 12 月4日(土) 休廊日:日・月曜日

時間: 11 : 00-13 : 00 / 14 : 00-19 : 00

会場:ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F

お問い合わせ: TEL: 078-391-1666 FAX : 078-391-1667 MAIL: info@gyfa.co.jp

料金:無料  交通案内: JR ・阪神元町駅 西口より徒歩 1 分

オープニング・レセプション: 2010 年 11 月 6 日(土) 17 00(〜 19:00 )※作家在廊        

 

◎作家略歴

林勇気 Yuki Hayashi

【略歴】
1976 京都生まれ
1997 映像の制作をはじめる
現在は宝塚大学講師

【個展】
2004 ギャラリー三条(京都)('05、'06)
2007 gallery neutron(京都)('08、'09)
2008 ギャラリー揺(京都)
    世田谷ものづくり学校 IID gallery(東京)
2009 neutron tokyo(東京)
2010 ギャラリー名芳洞 blanc(愛知)

【主なグループ展など】
2002 「イメージフォーラムフェスティバル」(新宿パークタワー / 東京、横浜美術館 / 神奈川、他)
     「バンクーバー国際映画祭」(カナダ)
2003 「STARTART001」(細見美術館 / 京都)
     「香港国際映画祭」(香港)
    「アジアン・アメリカ国際映画祭」(アメリカ)
    「ナッシュビル国際映画祭」(アメリカ)
2004 「アウト ザ ウインドウ」(国際交流基金フォーラム / 東京、Project Space ZIP / 韓国)
     「透過する音楽」(京都芸術センター / 京都)
    「バルセロナアジア映画祭」(スペイン)
    「ニッポン コネクション」(ドイツ・フランクフルト)
2005 「裏・アートマップ」(京都芸術センター / 京都)
     「PLOP ASIA TOUR」(Agnes b CINEMA! / 香港、他)
2006 「AMUSE ART JAM」(京都文化博物館 / 京都)
    「イメージフォーラムフェスティバル」(新宿パークタワー / 東京、愛知県芸術文化センター / 愛知、他)
    「トロント・リール・アジアン国際映画祭」(カナダ)
2007  「トランスメディアーレ」(ドイツ・ベルリン)
    「新進アーティストの発見in あいち」(愛知芸術文化センター / 愛知)
    「イメージフォーラムフェスティバル」(新宿パークタワー / 東京、北海道立近代美術館 / 北海道、他)
2008 「DIGITAL MEDIA」(スペイン・バレンシア)
     「Art Court Frontier 2008 #6」(アートコートギャラリー / 大阪)
2009 「Re:membering Next of Japan」(Doosan art center, Gallery loop / 韓国)
    「Mirage」(同志社大学京田辺キャンパス / 京都)
     「白昼夢 Daydream」(愛知県美術館ギャラリー H, I 室 / 愛知)
    「Look Forward ! - artist file for the future -」(世田谷ものづくり学校 IID gallery / 東京)
2010 「イメージフォーラムフェスティバル」(新宿パークタワー / 東京、京都ドイツ文化センター / 京都、他)
    「ふれて / みる」(中京大学 Cスクエア / 愛知)
    「松代現代美術フェスティバル Asian Art Film Program」(研成美術館研成ホール、樋口邸 / 長野) 
    「わくわくKYOTOフェスティバル」(京都市内)

【主な受賞】
2002 「イメージフォーラムフェスティバル」 審査員特別賞 受賞
2006 「トロント・リール・アジアン国際映画祭」Wallace Most Innovative Film or Video Production Award 受賞
    「AMUSE ART JAM」 準グランプリ 受賞