・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

堀尾 貞治  Sadaharu HORIO

展覧会名称:堀尾貞治展 《Les Images de Sadaharu HORIO》
会期: 2007年5月2日−27日

3メートルのタブローと厳選した429点のドローイングを順次展示

 

【経歴】
       
1939 神戸市生まれ
1956-60 芦屋市立美術博物館での展覧会(芦屋市展)に参加
1965 具体美術協会に参加 (1972年の教会解散時まで参加).
1968 大阪のグタイピナコテカ(具体美術協会の美術館)にて個展開催
1970-76 大阪兵庫などにて個展とパフォーマンスを行う
1975 パリに旅行
1977 I急性白内障の手術をきっかけに空気に着目した「あたりまえのこと」シリーズを生み出す
1985 「京都アンデパンダン展」に参加。パレット作品による@あたりまえのこと」作品を発表
1992 芦屋市立美術博物館にて「具体U展」に参加
2000 兵庫県立近代美術館にて「震災から5年 震災と美術ー1.17から生まれたもの」展に参加
2002 芦屋市立美術博物館にて個展「あたりまえのこと」を開催
2003-4 兵庫運河にて「空気美術館」プロジェクトを行う
2005 横浜トリエンナーレに参加、現場集団「空気」を率いて会期83日間、会場の壁に描き続ける
  現在年間100回ほどの展覧会を開催。神戸市に居住。
       
       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・